海外に行くならチョット寄り道 特別編(1)

フランス コートダジュールに行くなら
フランスに行くなら是非ともコートダジュールのニースは行ってみたいところです。
フランス国鉄のニース駅から北方ヘ歩5分のところにあるのが鉄道マニア羨望のプロバンス鉄道、レール巾約1メートルのナロー。
1892年開業。ニースからディーニュまでの151Kmの標高差1001mを約3時間をかけて走ります。

左の画像が駅入り口の写真です。

それではプロバンス鉄道の旅に出発です。
右の画像のディーゼル車が日曜日の9時出発の新型車両。 予約の乗客で一杯になると数分遅れで下の画像の旧型車両が臨時運転される。
ナローのS/Lに乗車する場合や写真を撮る場合もこの車両を予約するか 、もしくは6時50分発の車両でないと間に合わないので注意が必要。

↓時刻表

↑臨時運転される旧型車両
(この車両ではS/Lをみることができないので注意)

↓旧車両の内部。ナローでありながら内部はご覧のように広い
↓プロバンス鉄道の途中駅。
ここからS/Lが運転される。

↑S/L運転用の石炭

↑レール巾約1メートルのナロー
↓プロバンス鉄道人気の観光地
"ENTREVANX駅"
↓"ENTREVANX駅"ホーム
↓ENTREVANX駅のすぐそばにある橋
ENTREVANX駅から徒歩5分の”鷹巣村”入り口。
迷路のような建物のなかに入ると、みやげ物屋やレストランなどがあります。
ニース近辺には、このような古い村(砦)の鷹巣村がたくさんあります。

ENTREVANXは2000年以上の古い歴史を持ち、町ではさまざまな観光イベントを開催しています。 下記アドレスで観光情報を提供しています。

http://www.entrevaux.info

↑ENTREVANX駅から30〜40分で鷹巣村の
頂上に行けます。 なかなかの眺望が楽しめます。
↓ニース近郊には下の画像のようなカジノが多くあります。 あまり儲けている人が少ないので深入りはやめましょう!
写真はヴィルフランシュ・シェル・メールのカジノ

↑ニース近くの金持ち半島がある ロスチャイルド家の別荘。約1000円程度で見学できます。

→ニースはイタリアに近く、写真のような手入れが行き届いた美しい海岸がいたるところにあります。
シーズンになれば多くのイタリア人が海水浴に来るので、安くて旨いイタ飯が食べられます。

皆さんも南フランスに旅行に行く機会がありましたら是非プロバンス鉄道の鉄道旅行をお勧めします。
詳しい運行日程や料金、行き方などは下記アドレスで確認できます。

http://www.trainprovence.com

次回はイングランドの旅をご紹介します。